自己負担額が2割となる方への負担軽減(配慮措置) | 鹿児島県後期高齢者医療広域連合

文字サイズ

背景色

  • 標準

ホーム自己負担額が2割となる方への負担軽減(配慮措置)

最終更新日: 令和 4年 9月27日

自己負担額が2割となる方への負担軽減(配慮措置)

自己負担割合が「2割」となる方の急激な自己負担額の増加を抑えるため、令和4年10月1日から令和7年9月30日までの3年間は、外来医療の自己負担増加額の上限を1か月あたり最大3,000円までとし、上限額を超えて支払った金額は高額療養費として、あらかじめ登録されている金融機関口座に支給(払い戻し)します。

※配慮措置の計算は、外来医療のみの適用となり、入院医療の計算には用いられません。

負担を抑える配慮措置が適用される場合の計算方法

【例】1か月の外来医療費全体額が「50,000円」の場合

高額療養費の事前申請(振込先口座の事前登録)にご協力ください。

事前に口座登録を済ませることで、円滑に高額療養費の支給を受けることができます。

2割負担となる方で高額療養費の口座が登録されていない方には、高額療養費支給事前申請書を令和4年9月下旬に送付します。お手元に届きましたら、必要事項を記入し、同封の返信用封筒で令和4年12月15日までに郵送してください。

※期限を過ぎた場合は、お住まいの市町村の後期高齢者医療担当窓口までご持参ください。

申請には、保険証のコピーと振込先の金融機関口座確認書類のコピーが必要です。記載方法等については、お住まいの市町村ではなく、同申請書に記載のある問い合わせ先にお問合せください。

書類は必ず郵送でお届けします。

鹿児島県後期高齢者医療広域連合では、高額療養費事前申請書関連業務を「株式会社エイジェック鹿児島オフィス」(099-263-8190)に業務委託しております。返信用封筒の宛先及び申請書記載方法等のお問い合せ先も同社となります。

※厚生労働省・広域連合・市町村及び「株式会社エイジェック鹿児島オフィス」が電話や訪問で口座情報の登録やATMの操作をお願いすること、キャッシュカードや通帳等をお預かりすることは絶対にありません。

不審な電話があったときは、最寄りの警察署(#9110)または、お住まいの地域にある消費生活センター(188)にお問合せください。

【お問い合わせ先】

鹿児島県後期高齢者医療広域連合
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町7番4号
(鹿児島県市町村自治会館2階)

099-206-1329 (資格・保険料・保健事業)
099-206-1398 (給付・レセプト)
099-206-1397 (代表)

099-206-1395

【 所在地 】

鹿児島県後期高齢者医療広域連合
〒890-0064
鹿児島市鴨池新町7番4号
(鹿児島県市町村自治会館2階)

TEL
●資格、保険料、保健事業
099-206-1329
●給付、レセプト
099-206-1398
●代表
099-206-1397

FAX 099-206-1395

お問い合わせフォーム アクセスマップ
上に戻る