ジェネリック医薬品について | 鹿児島県後期高齢者医療広域連合

文字サイズ

背景色

  • 標準

ホーム後期高齢者 医療制度についてお医者さんにかかるときジェネリック医薬品について

最終更新日: 令和 2年 1月29日

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許期間が過ぎた後に、新薬と同等の品質で作られ効き目や安全性についても確認された医薬品です。
ジェネリック医薬品を希望される場合は、医師・薬剤師に直接相談するか、医療機関・薬局の 窓口で、「ジェネリック医薬品希望カード」を提示してください。
疾病やアレルギーなどを考慮し、支障があると判断された場合には、ジェネリック医薬品が処方・調剤されないことがあります。詳しくは、医師・薬剤師にご相談ください。

希望カード(表)

希望カード(裏)

※「ジェネリック医薬品希望カード」は、後期高齢者医療制度に加入される際、被保険者証などと一緒にお渡しします。
紛失された場合や再発行が必要な場合は、お住まいの市町村の後期高齢者医療担当窓口までお問い合わせください。

ジェネリック医薬品利用差額通知について

現在服用されているお薬をジェネリック医薬品に切り替えた場合に、お薬代の自己負担額をどのくらい軽減できるか試算した差額通知ハガキを「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」として年1回発送します。

通知の対象となる方
通知作成時点で認められているジェネリック医薬品に切り替えられた場合に、1か月あたりの 自己負担額の軽減が一定以上見込まれる方が対象となります。
※必ずしも全員の方に届くわけではありません。

通知の記載内容
通知書(ハガキ)には、病院等で診療を受けられ処方されたお薬と自己負担額に対し、ジェネリック医薬品に切り替えた場合、どの程度お薬代が削減できるかをご紹介しています。
※実際の窓口でのお支払いには、技術料・管理料等の別費用が含まれていることがあり、通知に記載の自己負担額とは異なる場合があります。

切り替えを強制するものではありません
ジェネリック医薬品に切り替えることで、お薬代が安くなる可能性があることをお伝えするもの であり、ジェネリック医薬品への切り替えを強制するものではありません。

ジェネリック医薬品を希望される場合は、医師・薬剤師によくご相談ください。

【お問い合わせ先】

鹿児島県後期高齢者医療広域連合
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町7番4号
(鹿児島県市町村自治会館2階)

099-206-1329 (資格・保険料・保健事業)
099-206-1398 (給付・レセプト)
099-206-1397 (代表)

099-206-1395

【 所在地 】

鹿児島県後期高齢者医療広域連合
〒890-0064
鹿児島市鴨池新町7番4号
(鹿児島県市町村自治会館2階)

TEL
●資格、保険料、保健事業
099-206-1329
●給付、レセプト
099-206-1398
●代表
099-206-1397

FAX 099-206-1395

お問い合わせフォーム アクセスマップ
上に戻る