マイナンバーカードの被保険者証としての利用について | 鹿児島県後期高齢者医療広域連合

文字サイズ

背景色

  • 標準

ホーム後期高齢者 医療制度について被保険者と保険証についてマイナンバーカードの被保険者証としての利用について

最終更新日: 令和 3年10月20日

マイナンバーカードの被保険者証としての利用について

 

 令和3年10月20日からマイナンバーカードの保険証利用の本格運用が始まります。

※従来の被保険者証でも今までどおり受診できます。次回更新時期には新しい被保険者証をお送りします。従来の被保険者証が使えなくなることではありません。

利用するには、事前にマイナポータルでの申込みが必要です。また、セブン銀行のATMや一部薬局の窓口でも申込が可能です。

マイナンバーカードを被保険者証として利用するためには、まず、マイナンバーカードを取得し、マイナポータル等で被保険者証利用の申込みをする必要があります。

マイナンバーカードの被保険者証利用のメリット

・引っ越しをしても切り替えを待たず、被保険者証として利用できる。

・マイナポータル上で過去の薬剤情報や特定健診情報を閲覧できる。

・本人が同意すれば、医療機関や薬局で薬剤情報や特定健診情報を提供できる。

・限度額適用認定証を医療機関・薬局に持参する必要がなくなる。

・確定申告書の作成時に医療費通知情報がデータで連携できる。

カードリーダーが設置されている医療機関・薬局で利用が可能

 カードリーダーを導入している医療機関はこちら(外部サイト)でご確認ください。

(カードリーダーが導入されていない医療機関・薬局では、被保険者証が必要となりますのでご注意ください。)

 マイナンバーカードの被保険者証利用には、ICチップの中の「電子証明書」を使うため、マイナンバー(12桁の数字)は使われません。医療機関や薬局の受付窓口でマイナンバーを取り扱うことはなく、ご自身の診療情報がマイナンバーと紐づけられることもありません。

 また、医療機関・薬局の受付ではマイナンバーカードを預けることはありません。マイナンバーカードをカードリーダーにかざし、顔写真で本人確認を行います。

(※)マイナポータルとは

 子育てや介護をはじめとする行政手続の検索やオンライン申請を一度に済ませることができたり、行政からのお知らせを受け取ることができる自分専用のサイトです。

マイナンバーカードの保険証利用について(外部リンク)

厚生労働省ホームページ:マイナンバーカードの保険証利用について

マイナポータル

 

【お問い合わせ先】

鹿児島県後期高齢者医療広域連合
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町7番4号
(鹿児島県市町村自治会館2階)

099-206-1329 (資格・保険料・保健事業)
099-206-1398 (給付・レセプト)
099-206-1397 (代表)

099-206-1395

【 所在地 】

鹿児島県後期高齢者医療広域連合
〒890-0064
鹿児島市鴨池新町7番4号
(鹿児島県市町村自治会館2階)

TEL
●資格、保険料、保健事業
099-206-1329
●給付、レセプト
099-206-1398
●代表
099-206-1397

FAX 099-206-1395

お問い合わせフォーム アクセスマップ
上に戻る